神奈川県の高校は学区がないので学校選びが比較的自由なことでも有名ですが、県外、海外からの志願者へ向けても広く門を開いています。

神奈川県の教育委員会は「県外・海外・私立等から受検するみなさんへ」「日本語を母語としない方へのご案内」として県外・海外などからの志願者説明会も開催しており海外帰国子女枠狙いの親の関心が高くなっている県です。

神奈川県内の高校で、海外帰国生徒特別募集を行う学校は以下です。

============================
 海外帰国生と特別募集(定員数)
============================
神奈川総合高校(10)
横浜国際高校(20)
新城高校(10)
西湘高校(10)
鶴嶺高校(15)
弥栄高校(5)
伊志田高校(10)
横浜市立東高校(10)

海外帰国生向けの特別枠がある学校は以上8校です。

=========
 対象者
=========
神奈川県の公立高校への志願資格があるもの
保護者の勤務などの関係で、継続して2年以上外国に在住したもの
帰国後3年以内のもの
※神奈川県総合高校の後期募集においては、平成28年10月1日以降に帰国した人が対象。

=============
願書出願期間
=============
2019年1月28日-30日

=======
試験日
=======
2019年2月14日

=========
試験内容
=========
国語、数学、英語
日本語による作文提出
面接あり

=========
合格発表
=========
2019年2月27日

帰国後、どの県に住もうかまだ決まってない人は神奈川県も候補に入れてみてはいかがでしょう。
帰国子女枠受験といえば私立校しかないと思われがちですが、神奈川県では公立高校で特別枠を設けています。公立高校なら帰国後も学費補助してもらえるので学費の心配がいりません。

住みたい県としても例年上位にランクインする神奈川県。帰国後の住みかに検討の余地ありかもしれません。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。