移住となるとやはり必要になってくるのが銀行口座。
銀行口座開設となると日本でも今は簡単には作らせてもらえません。
それが海外となると沢山証明書を用意しないと口座開設ができませんので、覚書き程度ですが私の経験を書いていきたいと思います。

マレーシアにはいくつか銀行がありますが有名なところで、日本人がよく開設している銀行といえばCIMB、Maybank。
私はMaybankで口座開設しました。

口座開設にあたって必要なもの
・パスポート
・ビザ
・自動車免許書(ある人は)
・賃貸契約書
・公共料金の請求書
・レター(駐在員の場合は会社からのレター、留学の場合は学校からのレター)

レターは在籍証明書みたいなものです。レターは原本が必要で返却してもらえません。
MM2Hの方で夫婦共同名義の口座を開設する場合は戸籍謄本の翻訳証明を英訳したものが必要です。
日本から戸籍謄本を取り寄せてペナンの日本領事館にもっていくと英訳のものを出してもらえます。

口座開設時に最低預入金RM250が必要になり、通常提出書類がそろっていればその日のうちに口座を開設してもらえます。
その場でキャッシュカードをもらいPINコード、指紋を登録します。
キャッシュカードにはデビット機能がついているので、ガソリンスタンドやスーパーの買い物などでキャッシュレスで生活できて便利です。

口座開設時に登録した携帯電話番号は間違えずに登録してください。ネットバンキングを利用する際に銀行から携帯電話にショートメールがきて番号入力をしないと振込みができないなど色々と利用する機会がありますので。

・Maybankの口座維持手数料は一年間 RM8
・ATMの引出しは一日3回まで、引出しの上限金額はRM4500。
・ATM引出し手数料は、1か月4回まで引き出し手数料無料。
・定期預金の預入金額は、RM10,000~。RM10,000以下は定期にはできません。

ATMは半年に一回引出しを行わないと他行での引き出しができなくなりますので、日本とマレーシアを行き来する人は注意が必要ですね。
ネットバンキングを利用する方は2ヵ月に一回ログインが必要という話しもありますので、電気料金や水道料金、家賃の支払いアストロの支払いなどどれか毎月利用しそうなものを自動引落しにするか、毎月ログインして振込を利用するといいですね。

銀行口座開設は年々厳しくなっているのでビザがある人で作るか迷っているぐらいなら作っておいたほうがベターです。
日本の銀行よりもよい利息で定期預金もできますし、為替をうまく利用すればお得に生活することができますからね。

今日書いた情報は明日には古くなっているかも知れません。また銀行、支店によって必要だと言われる書類が違うなどの話しも聞きますから参考程度ですが口座開設前に上記書類を用意して一発で開設できればラッキーぐらいに思ってもらえるといいかと思います。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。