今年、2017年のディパバリは10月18日(水)

水曜日と平日ですが、ディパバリの日はカレンダーも祝日。ですから郵便局や銀行、政府関係は全て休みで会社も学校も休みになります。
公立校は2日だけ休みだったり、当日のみ休みだったりのようですが、インターナショナルスクールは今年はどこもディパバリの週に合わせてハーフタームホリディ―になる学校が多く、1週間まるまる休みのところが多いみたいです。

毎度のことですが、こちらのイベントは毎年日にちが変わるので本当覚えにくいです。そのうえマレーシアは年中気温が変わらないので季節感もなく今が何月なのかさえ忘れがち。
今これを書きながらもう10月なんだと再確認したぐらいです。ペナンの暮らしはのんびりしてていいものですが、時代の流れについていけなくなってしまうのではという焦りも少しだけでてきます。

そんな話しはこれぐらいにして、今日はディパバリのイベントでお馴染みのライスアートのお話しを。

ライスアートとは、お米に色づけしたものをひと粒ずつ並べて絵を作るもので、ディパバリのお祝いの時にはインド系の人達の家の前やショッピングモールなどいろんなところで見ることができます。

ディパバリはヒンドゥーの人達のお正月のようなものでディパバリ当日、前夜はあちらこちらで花火があがります。こちらの人本当花火好きですよね。チャイニーズニューイヤーの時もバンバン花火があがりますし、ディパバリもハリラヤもお祭りごとの時は必ずあちこちで花火があがります。でもね、本当は打ち上げ花火って禁止されているのですけどね。

今年の写真はストレイツキーのライスアート。
ライスアートの正式な呼び方はKolam(コラム)といいます。
いろんなところで見れるライスアートですが、今年のストレイツキーのライスアートはカラフルな象。これがあの小さなお米を並べたものだと思うと本当にびっくりですよね。
いったい誰がいつ並べてるんでしょうか?何時間ぐらいで完成するのだろうね。作ってるところ見たことありますが、途中で飽きて帰っちゃったので最初から最後までどのぐらいかかるのかはいまの所不明。そのうち分かったらまた書きたいなと思います。

これを作っているところ見た時のことですが、ひと粒ひと粒お米を並べるというのではなくさらさらっと砂絵を広げるみたいに大雑把にお米をのせていくという感じです。毎年のことなので作る人も慣れているみたいです。

毎年私達の目を楽しませてくれるライスアート今年もまだディパバリまであと数日ありますから、他のところのライスアートを見にいってみようと思います。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。