海外旅行へ行こう!海外に住む!となったら絶対に必要なのが滞在国の通貨。
海外は日本に比べカード払いが主流ではありますが、それでも現金というのは何かと必要になってきます。マレーシアにはチップの習慣はありませんが、喉が渇いたな、じゃあペットボトルの水を一本買おう、と思ったらやっぱり現金が必要ですね。小さな商店で少額のものを買う場合現金のみという場合も多いですし、ペナンの屋台ホーカーでは現金、お金がないと何も買えません。

海外旅行でしたら現地で使うお金をある程度まとめて用意しておけば足りるかもしれませんが、海外移住となるとそうはいきません。
住んでる限りずっとお金は使いつづけますから現金はいくらあっても足りないというか大金を用意しておいても使えば減っていきます。

いざ海外に住むとなると、というか生きる為に必要なお金。
海外でもビザがあれば銀行口座を開設できるのでそこにお金を預けておけば日本と同じように生活できます。
でも、残高が足りないとか急にお金が必要になるということがあるんですね。そんなときどうしますか?



そんな時の強い味方が、海外ATMで使えるキャッシュサービス。
カード会社のカードや日本の銀行のカードで海外のATMを使って現地通貨が引き出せるサービスです。このサービスは世界中海外各国のATMで現地通貨が引き出せるので海外旅行で使う人も多いかもしれません。

そのサービスをかく言う私もたまに使っていたのですが、先日とてもびっくりしたことがありました。

ある日、マレーシアの銀行大手 CIMBバンクでこのキャッシュサービスを使ってお金を引き出したんですね。
CIMBバンクの一回の引き出し額の上限はRM1500。例えばRM1500を引出した場合にはこの額にプラス手数料がかかってきます。
この手数料がこれまでは一回の引出し時に上乗せされていたのですが、、、それが変わっててすごくびっくりしたんです。

これまで一回使えば一回だけ銀行口座からお金が引き出されるという状態でした。それが先日手数料の計算の仕方が変わったようで利用の翌日にもう一度引落しがあったんです。

このときの為替は、RM100を引出した場合日本の銀行で残高¥2,801が引かれました。そして翌日、更にRM100につき45円の引き出しが一方的にされたんです。

お金を実際に引き出した日のyahooレートが@27.35でしたので、上の金額RM100で¥2,801とすると1RM=28.01ぐらいで少し上乗せされて為替計算をされた形になります。

そこに翌日手数料を勝手に引き落とされるのでこの手数料を足すと、RM100で¥2,846引落されたことになり、その金額で計算すると1RMは@28.46になります。

でも、実際の為替レートはヤフーで見た場合、@27.35だったので@1.11分手数料を上乗せされた形になります。何か二度手数料を取られて損した気分です。皆さんはどう思う?この手数料なら安い?高い?

今回、翌日に勝手に手数料が引き出しされたので少しびっくりしましたが、日本の銀行のカードなので疑問があれば海外からでもすぐ電話をし日本語で話せます。なのでもちろん疑問を確認したところ、なんとCIMBが独自に手数料をとっているのだということが分かりました。

これ確かにカード開設時に説明書きに書いてあるんです。カード会社の手数料以外に現地ATM利用場所により手数料がかかる場合がありますってね。でもね、急に勝手に引き落とされたらびっくりしますよね。今まで一回も取られたことなかったのに突然ですから。

大金持って飛行機移動するのも心配ですし、大金持って現地でウロウロするのも危険です。そして、銀行の海外キャッシュサービスは手数料がいくらかかるかんだろうという漠然とした不安も生まれてしまった出来事でした。

それで色々と調べた結果、私がたどり着いたのがこちらの海外専用プリペイドカードを使うという選択。



このプリペイドカードは日本でこの口座に自分でお金を入金し入金してある分だけ海外で引出しができるというもの。銀行の海外キャッシュサービスと何ら変わりありません。
こういった現地通貨引出しサービスのあるカードは一枚持っておくと海外ではとても便利です。両替商にわざわざ足を運ぶ手間と時間、危険を感じながら大金を両替するよりも安い手数料で両替できる場合もあります。一度チェックしてみてください。

その手間を手数料を考えると海外のATMで現金を引き出しできるこのキャッシュサービスの方がお得なのかもしれません。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。