海外に住んでいると色んなにわか日本商品やにわか日本料理を発見します。

先日もクィーンズベイモールでおもしろい日本料理を見つけました。

お好み焼きに新しいトッピングが誕生しました!

お好み焼きon焼きサバ

マレーシアの人はサバが好きなのか、以前も吉野屋でサバのせ丼や鍋のメニューがあったのですが今度はお好み焼きです。

これペナンのショッピングモール、AEONのスーパーで販売されているものです。

ノーマルのお好み焼きはいたって普通のお好み焼きで、豚肉がないことを除けばかつお節も青のりもちゃんとのっててソースも美味しいのでよく買って食べています。豚肉がお好み焼きにのってないのはマレーシアはイスラム教の人が多いので豚肉はご法度。マレーシアではハラル対応であることが基本ノーマルです。

 

本題に戻って、今回見つけた進化形お好み焼きはトッピングに目玉焼きと焼きサバ、コーンが追加されていました。

ノーマルがRM5.90で、トッピングが乗ったものはRM8.90でした。

おおまかな計算ですが約¥100の追加料金で焼きサバがのってるということ。

そして、それがコーントッピングと目玉焼きトッピングと同じ料金だというのがちょっとびっくりです。サバってそんなに安いのかメジャーなのかマレーシアでは欠かせない食材のようです。

追加RM3を払って冒険してみるかなと思いましたが、やっぱりノーマルに手が伸びます。

焼きサバのっけお好み焼きかなり興味はあったのですが、違和感が強すぎて結局はノーマルお好み焼きを買っておいしくいただきました。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。