海外の家、一戸建てってどんな感じ?ってことでパチリ。

山の途中の小高いエリアに建つ一戸建て住宅が集まっているエリア。
その名も Hillton Villege

ペナンは昔イギリスの植民地だったので今でも住所にはちょいちょいイギリス風な地名が出てきます。なんかカッコいい名前でしょw。
建物も白い壁に南国らしい、オレンジ色の屋根が青空に映えます。ここはちょっとお高い貸家で一軒家がたくさん集まっているのですが、その住宅街の入口にはガードマンがいてゲートも設置されています。そう簡単には住宅街へは入れないんです。ゲート内へ入れるのは住民以外は必ず免許証など身分を証明するものを提示し、場所によっては免許証を預けないとゲートの中へ入ることはできません。

ペナンで一戸建てというとやっぱり泥棒のリスクが高い気がするのでなかなか住もうという気になりませんが、私が知っているだけでも日本人数名がこの一戸建てエリアに住んでいます。

一戸建て住宅だとやはりとても広いので借家でも自分の家って感じが強くなるので居心地がよくなるかなとも思いますが、日本の一戸建てに比べるとものすごーく広いので広すぎても掃除が大変そうだなとか貧乏人は思っちゃうわけですよwww。

この写真の一戸建てのお家はペナンでもお金持ちの人しか住めないような家賃ですし、家も3階、4階建てなので本当におっきい!こんなお高い家賃に住める人ってメイドさん雇うのが普通なので私のような掃除が大変だから住むのはちょっとなんてこと言いません。最初っから自分で掃除する気なんかないのがこちらの主婦。日本とは違って、家事はメイドさんがするので食事を作ったことないし生まれてから一度も洗濯なんかしたことないって人いっぱいです。日本は女の人が家事をするのが当たり前になってて、最近は少しずつですが夫婦でできるほうがするなんてのも聞くこともありますがそれでも男はしてやってる感をアピールするし、改めて日本って遅れてるなと思うのでした。

マレーシアでは、夫婦共働きが普通ですが、それに合わせて家事はメイドさんがするというのが当たり前だったりするので女性が社会進出しやすい環境が整っています。

日本もいい加減女が家事をするという定説を変えなくてはいけませんよね。夫婦共働きしている家庭がほとんどなのに女性だけが仕事も家事もしなくてはいけないってやっぱりおかしいですよね!家事をする時間って本当に無駄だしそれが元で喧嘩するなんてもっとバカらしい。最近やっと家事代行サービスが注目を浴びてきているし外国人メイドビザ解禁という動きも出てきているので、メイドを使うという選択肢が普通になる世の中が訪れるといいなと思います。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。