ペナンの街を走行中、前の車が気になり車間距離をあけて運転。
写真がちょっとわかりずらいのだけど、よーく見ると荷台が斜めに傾いてます。肉眼だとはっきり危険な感じが漂ってたんですけどね。写真って難しい。

荷台に椅子を山積みしてて荷台が左に偏ってます。荷台には見たところ椅子しか置いてなくてガラガラなのでもうちょっとバランス考えて積めばいいものをあんなに高く積み重ねるという、危険極まりない過積載。

マレーシアって車の法律ゆるいみたいです。
日本だったらこれ多分車停められると思うんです。写真よりもっともっと斜めって走ってたんですから。
よく海外のおもしろネタみたいな感じでテレビの特番とかにでてきそうな危ない海外の交通事情。あれがそのまま目の前で起こってるようなそんなワンシーンでした。

もちろん車間距離あけて走りました、だって海外では自分の身は自分で守らなければいけませんから。
もし事故に巻き込まれても賠償額はわずかなものだし補償金がでるかもわかりません。マレーシアの車の保険状況ですが日本でいうところの自賠責しかこちらの人は加入していません。自分の車を守るための保険金はプラスアルファで支払っている人も多いようですが、基本ボロイ車とかは自賠責だけかと思います。ですから事故にあって人に対して支払われる補償金額というのは微々たるもの。

郷にいりては郷に従えといいます。良い点悪い点に納得して住むことが必要です。
海外に住んでいても日本人感覚で日本並みのサービスを要求し文句を言ってる人の話しをよく聞きます。日本並みの要求、それが通らないと常識がないという言葉でグダグダ、グダグダ文句を言います。でもね結局は文句を言ったところで何も変わりません。
海外では防げそうな危険は自分で避ける防ぐというのが鉄則です。

海外に住めば日本の常識は通りません。その土地の法律が適用されます。それは当然ではないでしょうか。
日本の常識を海外でも通し要求するぐらいなら日本に住んでりゃいいのに、海外になんて住まなきゃいいのにってそう思います。

常識ってなんだろう。
日本人同士の間でのみ通用する常識。そういうものが海外に住んでいてもあります。
日本人同士でだけ通用する常識ってそれおかしいでしょと私は思うんです。そんな常識おかしいよって声に出すと日本人から必ず責められます。そこは違うよって言ってそれを責められる必要はないと思うんです。そこを責めてくるのは決まって日本人だけ。他の国の人は決してそこを責めてきません。それは常識って人それぞれ違う感覚のものだから。

日本人であるならこうあれ、みたいな常識。それを押し付けようとする日本人。そう!この押し付けるというのが日本人の特徴です。
自分の考えや常識を他人に押し付けるこれが日本人の特徴です。それに沿っていない人は常識がないという言葉でハブかれます。あの人変わってる、ちょっと問題ある人みたいな感じでのけ者にされます。

日本以外の国の人はそんなこと絶対しません。人は人、自分は自分というものをしっかり持っていて自分と違う人、違う考えの人でもハブいたりそこを責めるようなことは決してしません。

日本人同士だから起こるこの常識を押し付ける考え方。これ例えば私が外国人だった場合はこんなこと言われないんですよね。そこが私はおかしいなって思うんですよ。外国人ならOKで日本人同士だとダメってなんなのそれ?
それって一種の差別だと思いませんか?日本人ならダメで外人だとOKで自分の考えが変わるって本当変です。おかしいよ。

人対人で向き合えば相手が誰であれ同じ対応であるべき。相手が日本人だからこうじゃなきゃとか外人だからこれでいいとか、相手によって自分の考え方を変えるっておかしいと思います。
だから私、日本人の常識が大嫌いなんです。日本人の普通、常識、やっぱりおかしいです。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。