ペナンで携帯電話を使う方法をご説明したいと思います。日本の携帯電話をマレーシアで受信するとかけた人、電話を受けた人両方に国際通話料金がかかってしまい高すぎて破産します。

ですからマレーシアに住むとなるとマレーシアの携帯電話を買う必要があります。携帯電話の利用の仕方。買い方について今日は書きたいと思います。

マレーシアで携帯電話を使う場合、マレーシアのSIMカードを買います。そして携帯もしくはスマフォにSIMカードを入れると電話が利用できるようになります。日本からもってきた携帯、スマフォの場合はSIMフリー対応だったらSIMカードを買うだけで持参した携帯をそのまま使うことができます。しかし日本から持ってきた携帯がSIMフリーでない場合(昔のスマフォはダメ)対応してませんのでその場合はマレーシアでSIMフリーのスマフォまたは携帯(ガラケー)を買えばいいわけです。

携帯(ガラケー)はRM100以下で購入できます。スマフォは安いものでRM500前後で販売されていますよ。SIMカードは空港、ショッピングモールなどいろんな場所で買えますが、スマートフォンもSIMカードも両方買いたいというときはスマフォのショップが多く入っているプランギンモールで選ぶのがおすすめです。スマフォの品数も多く、プランギンモールには携帯会社も全キャリア揃っています。自分の好きなスマフォ、携帯会社キャリアも希望の会社を選べますので自分の希望通りの買い物ができるという点でおすすめします。

※スマートフォンを利用する場合は4G対応のSIMカードを買ってください。

そして、SIMカードと携帯を購入したらまず最初にすること。トップアップ。

マレーシアでは月払い契約の他に、通話料だけ支払うトップアップで使うという方法があります。トップアップとは通話料金を前払いするということです。このトップアップは銀行、街の小さなお店、コンビニ、ショッピングモールとあらゆるお店でできるのでかなり使い勝手がいいいです。外国人、受信が主な人はこれで充分だと思います。最初に昨日記事にした電話番号利用一年延長手続きをする必要があるので、トップアップRM28と通話料RM10は残高を入れておく必要があります。スマフォの場合はデータ料がかかる為もっと多く入れるか月契約にするかお店の人に相談してみて下さいね。

トップアップはいつでもどこでもRM10からできますので残高が減ったらトップアップを買うという感じで充分だと思います。