海外に引越しするとなったらどうやって荷物を運びますか?

もちろん大手引越し会社を使えば日本と同じような段取りで大抵の国へは引越しできてしまいます。
でも、大手引越し会社さんはやはり高い!
見積もりしてビックリなんですがその値段は中古車が買えるぐらい。

会社勤めの海外赴任の場合は会社が全て負担してくれますしどこの引越屋さんを使えばいいのかなど丁寧に教えてくれます。至れり尽くせり。本当駐在員って楽なものです。
では、大手海外引越し屋さんを使わない使えないという場合はどうすればいいのでしょうか?

一、二年の留学なら渡航の際に自分で運べる量で済ませようかな、現地で買えばいいしとなるかもしれません。
実際ほとんどの留学生や母子移住の皆さんがこの飛行機で運べるだけ運ぶという選択をしています。

でも、飛行機で運べる荷物は追加料金払ってもMaxは90KG。
あともう少し運びたいなという時、小さな子供が一緒だから自分で運ぶのは大変、そんな人はこんな引越しサービスを使ってみてはいかがでしょうか?

単身や小家族の海外引越しなら少量引越しサービスを使いましょう。
今回は引越し大手日通が行っている海外引越しサービスをご紹介します。

======================
日通のシングルパック
======================
基本的な流れ
①申込み後、段ボールが運ばれるので自分で荷物を詰める。
②自分で書類を作成する(書類は日通が手引き書付きでもってきてれます)
③約束した日に荷物を取りにくるので引き渡しを行う。
③海上輸送→税関
⑥荷物が日本に届いたら日通から連絡がくるので配達日を決める。
⑦荷物が指定した場所に届きます。

簡単にいうと7つのステップで簡単に引越しができます。
段ボールに詰める作業は自分でできるのでゴミを分別しながら自分のペースで荷造りができますね。

料金は段ボールの数によって変わります。
参考にマレーシアから日本への料金は以下になります。

=====================
日通のシングルパック
=====================
1パック = 段ボール1 – 4個まで RM1,500(RM1600)
2パック = 段ボール5個 – 8個  RM2,200(RM2400)
3パック = 段ボール9個 – 12個 RM2,700(RM3000)
4パック = 段ボール13個 – 16個 RM3,100(RM3500)
5パック = 段ボール17個 – 20個 RM3,500(RM4000)

※上記金額にプラス1.5%の保険料がかかります。
※()内は梱包を依頼した場合の料金です。

段ボールのサイズ
M:51 x 51 x 41cm

L:78 x 51 x 26cm

荷物の引き取りはクアラルンプール市内またはその近郊限定になります。
申込みすると引越で使う専用の箱を配達してくれます。

実はマレーシアは日本のように簡単に段ボールが手に入りません。
段ボールがもらえるのはかなり大切なポイントですね。申込みの際には日本への入国手続きを完了したコピー(後日FAXorメールで)と、別送品申告書が必要になります。

この別送申告書がかなりこまかく書かなくてはならず大変ですが上記値段で送れるという安さを考えるとそれぐらいの負担はがんばろうかなと思えます。

日通の海外引越サービス
マレーシアから荷物を送る場合⇗
日本から荷物を送る場合⇗

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。