もうすぐクリスマス
ペナンの街も例外なくクリスマスモードで街中クリスマスの装飾が飾られています。
もともとはキリスト教徒が祝うものでしたが、日本でも宗教は全く関係なくパーティーイベントとして盛り上がるようにペナンでも宗教に関係ないイベント的な雰囲気です。

もちろんキリスト教徒の人達は本格的にクリスマスを祝いますのでへーなるほどと思うこともたくさんあって、イベントだけじゃない本当のことを知る機会もあり興味深いところですが、その話しは今日は端折ります。

クリスマスといえばこれがなくちゃ始まらない、クリスマスツリー!

先日買い物にでかけたガーニープラザのコールドストレージでなんとクリスマスツリー、本物のモミの木が販売されてたので激写してきましたよ。

これ本物のモミの木
高さは120cmぐらいありなかなかのサイズだし、もし買って帰るとなると結構重たいかもしれません。
気になるお値段ですが、これ一つRM4771RMを¥27円としたら¥12,879円

うーん、高いのか安いのか、モミの木相場が分からないwwwのですが、枯れてしまうことを考えれば高いでしょコレ?

そうそう、そういえば最近じわじわ円が安くなってきて円暮らしの人にとっては辛い相場なんです。
今のレートで1RMが¥27円ぐらいなんですね。ついこの間の夏頃は1RMが¥25円でしたので2円も違うんです。円からリンギに両替すると分かりますが、円が安くなればもらえるリンギが減るということ。大金になればなるほどその差は大きくなりますのでこの2円は大きいですよ。辛い。

話しを戻して、クリスマスツリー。
やっぱり本場の人は本物のモミの木買うんですかね?でも、スーパーの通路にはまだ数本買い手のつかないモミの木がありましたからやっぱり枯れるモミの木はローカルも本場の人も買わないということかな?

海外ではお正月元旦二日ぐらいまでクリスマスの飾りは残ってます。そのままクリスマスを過ぎても飾ってあるので、年末年始ペナンにくる人達もモミの木お店で見れるかもしれませんね。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。