週末にショッピングモールのストレイツキーに行ってきました。

ストレイツキーの道路側の広場で何かやってるようで人が多く集まっていました。近づいてみるとコックさん達が真剣な眼差しで料理を作っています。

会場内は柵で仕切られてて中には入れないようになってました。審査員とみられる人の姿もあり、めずらしくまじめな表情の人達がたくさんいますwww

ストレイツキーでは時々このようなコンペティションを見かけます。今回は料理でしたが、以前には絵画のコンペもみたことありますし、大人向け、子供向け、様々なコンペが行われています。もちろんコンペですから、上位3位ぐらいまでは賞金がもらえるという特典付きです!

きっと、この賞金と名誉を目当てに皆さん真剣に戦ってるんですね。先ほど、子供向けと書きましたが、そうなんです子供向けのコンペでも賞金がもらえます。日本だったら子供が賞金もらえるコンペなんてそうありません。子供でも現金がもらえるなんて現金だとか、いやらしいとか日本人は思ってしまいすが。でも正直現金チラついたら子供でも、大人でもそりゃあやる気でるだろうなと思いますよ。私を含めわかりやすい現金な人達ですねwww。

子供向けのコンペは絵画や、ハロウィン、クリスマス、などの子供が好きなイベントごとに工作だったり衣装だったり色んなコンペが開催されます。賞金はどうあれ、子供をやる気にさせるっていう点はすごいいいなと思います。結果はどうあれ、それに向かってがんばる経験は子供にとっていい体験ですから。

本来、人間ってシンプルなものなんじゃないかなと思います。原始時代に戻って振り返れば食べる→探す→殺す→食べる。何万年も経った現在でも本質を見れば原始時代のそれと何一つかわっていないんだと読み取れますしね。現代はその本質に飾りや尾ひれを人それぞれ言い訳つけていっぱいつけているだけですから。いったい何に言い訳してるんだろうと思いますが、現代社会の人達は色々と言い訳つけて飾り立てないと生きていけない人達が多いのでしょうね。

ここ南国、マレーシアの人達はよけいな飾りはいらないという人達が多いかなと思います。基本的にみなさんシンプルで素直に生きているという印象です。中には日本並みのストレスをかかえて生きている人達、社会、コミュニティももちろんありますが日本ほどそれが主流ってわけではありません。

日本の複雑な社会のストレスの中で生き疲れた日本人の多くが、今シンプルに生きたいと原点に返るのかも知れません。そんな日本人たちにマレーシア移住は人気があるのではないでしょうか?そして現実的な話しで物価の安さも大きなポイントだと言えますね。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。