マリンドエアは7月からマレーシア国内の新規路線を2本就航開始しました。新しく就航を開始した路線は以下です。

新規就航週7便

  • クアラルンプール国際空港(KLIA) – サラワク州ミリ便

新規就航週21便

  • クアラルンプール国際空港(KLIA) – クランタン州コタバル便

この他、タイのバンコク、インドネシアのジャカルタ、バングラデシュのダッカ便もそれぞれ増便されました。

マリンドエアというと以前からクアラルンプール – ペナン便がありましたが今回の増便で今後さらに利用しやすくなりそうです。

直近のセールでは最安で航空券片道RM19でエコノミークラス30キロ、ビジネス40キロまで預け入れ荷物が可能で軽食までついていました。

エアアジアよりも小さな機体で日本ではメジャーではない航空会社の為、日本人で利用している人は少ないようですが今後マリンドエアも移動手段としてチェックしてみてもいいのでは?と思います。

新規就航されたクランタン州コタバル便では、便数が多いので乗り継ぎもしやすくなりペナンからマレー半島東海岸行きがさらに行きやすくなりました。東海岸の海はとても美しいことで有名でペナンでは見られない透き通った海、エメラルドグリーンの海を満喫できます。私も一度はぜひマリンドエアを利用して行ってみたいなと思います。