2019年1月7日より日本でスタートした出国税。
テレビのニュースで少し聞いたけど一体どんなものなのか? その内容をまとめました。

===========
出国税とは?
===========
日本を出国する際に1人につき¥1,000円が徴収される税制度です。
正式名称を「国際観光旅客税」といいます。

======
対象者
======
2才以上
日本に24時間以上滞在し日本を出国するもの
国籍に関係なく外国人だけでなく日本人も対象です。

1人につき一律¥1,000円となっている為、家族4人で日本を出国する際には¥4,000円かかります。
また乗継で日本の空港を利用する際に24時間以上ある場合は課税対象者となりますので注意が必要です。

===========
免除対象は?
===========
2才未満
日本入国後24時間以内に出国するもの
船舶、航空機の乗員
外交官、領事館員
2019年1月7日以前に発券済みの対象者は免除

日本を出国するほとんどの人が出国税の対象になりますが一部免除となる人もいます。
2才未満は免除というのは1才11ヵ月までは免除ということになります。2才の誕生日がくると課税対象になりますのでご注意下さい。

制度開始日後に免除対象となる人は少ないことが分かったと思いますが、制度開始日前に1月7日以降の航空チケットを購入していた人はどうなるのでしょうか?
実は免除なんです。1月7日以降のチケットでも制度開始日前に購入(支払い)している人には課税徴収しないということが発表されています。

年末年始の休暇で日本へ一時帰国した皆さんで航空券を制度開始日前に購入している人達は免除対象になっていますので1月7日以降でも出国税を取られることはありません。

出国税が導入されて急に話題になって1月7日より前に日本を出国する人達が多くいます。
「自分は出国税払いたくないから7日より前の日程で出国した」なんて言っている人もいますが、実際は1月7日以降に出国する場合でもそれ以前に航空券を購入していれば出国税は払わずに済みます。
大抵の人が航空券を安く購入するために随分前にチケット購入は済ませているでしょうから、実はほとんどの人が免除となっているんですね。

根拠のないネット上のつぶやきに左右されると間違った情報を掴んでしまいます。ネット社会の今、正しい情報を知らないと損をしますのでご注意下さい。

===========
徴収方法は?
===========
2019年1月7日以降に日本で航空券を購入する場合は自動で加算され¥1,000円が徴収されます。またツアーを利用する場合も同じです。

航空券を購入する際には以前から運賃に加え燃油サーチャージや空港税、サービス保安料など様々な名目で料金の加算があるのでよく見ないと気づかない人もいるかもしれません。

出国税は日本のインフラを整える重要な税金です。
主な使い道は「快適な旅行の為の環境整備」とされています。2020年に訪日観光客4000万人を目標としている日本政府。現在で年間2,800万人も訪日観光客がやってきていますし、2020年にはオリンピックも開催されますのでこの目標は難しいものではなさそうです。

ここ5年で急に訪日観光客が増えた日本。
急に増えた観光客への対応ができていないのが現状です。
外国人向けの様々な言語の案内板の表示もまだ十分ではありません。出国税は訪日観光客向けのインフラ対策や看板の設置または観光地の清掃など様々なことに使われることになっています。

外国人旅行者向けなんだから日本人は払いたくないですか?

今まで払っていなかったお金を払うのは誰でも嫌かもしれません。
反対するのは簡単です。NOというのは誰だってできます。
反対するなら代替案はありますか? 何か問題定義をする新しい制度がはじまるということは沢山の人の労力と時間をかけて行っていることです。反論するならそれなりの考えや代替案を提示すべき。ただ払いたくないとか反対とか言っている人は中身のないヤジ馬でしかありません。

国会ではヤジばかりが飛んでいます。
そのヤジはくだらないと批判している人もいますが、その中にもただ批判するだけ、NOというだけの人はヤジにヤジを返しているだけでしかありません。ニュースキャスターをはじめ特にネット上では個人の特定ができないので無責任に批判する人が沢山います。正しい情報を知れば出国税はそんなに反対するような税制度ではないのではないでしょうか?

自分は日本人だから外国人旅行者向けに使われる税金なら払いたくない?
外国人にとって日本が快適に旅行ができる国になれば訪れる外国人旅行者は更に増えます。そうすることで日本の地方末端の商店でも売り上げが伸び個人の収入が増えることに繋がります。外国人向けの看板を設置するとなればそれを施工する業社にもお金が入るでしょう。それはその会社で働く人の給料に繋がります。それが社会をまわすということ。目先のことにとらわれず広くその先まで考えることが必要ですね。

============================
他にもある出国税を課税する国
============================
韓国-出国納付税(1万ウォン)約¥1,000円
オーストラリア-出国旅客税(60オーストラリアドル)約¥4,600円
アメリカ – ESTA申請料(14ドル)約¥1,600円

他の外国を見てみると日本の出国税に似た税を課している国は以前からあります。
オーストラリアの出国旅客税に比べればまだまだ日本はまだ安いほうですね。

出国税について正しい理解ができればこれから支払う時がきても不快に思うことはなくなります。
生きていると大なり小なり様々な嫌なことがあります。嫌だなと思うことがあった時、まずはそれをよく知る事が大切です。嫌だと思うことでもよく知ることでその感情は違うものに変わるのではないでしょうか?

ストレスのない生き方をできるかできないかは自分次第です。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。