オンライン宿泊予約サイト、「ブッキング・ドットコム」から日本の海外家族旅行先ランキングが発表されました。

ランキングは2015年10月に実施されたもので日本を含む17ヵ国の中からなんとマレーシアが5位入賞!

数年前までマレーシアなんて圏外だったことを考えるとマレーシアの人気はうなぎ上りと言えます。

気になるランキングですが、第1位はアメリカ。2位インドネシア、3位オーストラリア、4位タイと並びます。

ただし、調査対象が厳しく選定されており18才以上、ここ2年にわたり最低年1回以上旅行を計画した人のみが答えるアンケートとなっていましたから一般論とは少し離れている可能性も否定できません。

2年連続、年1回以上海外旅行へいく人というとかなり旅慣れた人で定番のレジャー先へはすでに行っている可能性が高くなります。そんな中から行われたアンケートですのでマレーシアがランクインしたのでしょう。

マレーシアはここ数年、リタイヤ移住先、留学ブームでテレビや雑誌で取り上げられていますのでその下見旅行という背景があることも否定できなそうですね。訪問先はレゴランド、ランカウイ、国立公園の名があがっています。

なにはともあれ日本からの観光客が増えることはいいことです。日本とマレーシアの交流が深まることで、インフラ、日本企業の進出が進むかもしれません。そうすればさらに住みやすい街へと発展していくことでしょう。