5月下旬、今年の夏休みはどうしようと考えている人も多い時期ですね。
2018年もいくつか海外のサマースクール情報を紹介してきましたが、今日はフィリピン、セブの夏休みサマースクールをご案内します。

今年で5回目になるセブで有名な英語スクールが主催するサマースクールです。
開催場所はセブシティの中心地TIME SQUAERという商業施設内に、校舎と学生寮を併設している日系の語学学校。商業施設内にあるのでセキュリティーは充分安心できるレベルで、スクールエリアには一般の人は立ち入り禁止になっていますので2重で安心ですね。

宿泊はホテル滞在で子供達は学校が併設しているホテルの学生寮で同年代の子供達と相部屋で過ごすことができ修学旅行のような気分で参加できます。
とはいえ英語のサマースクール。親御さんが期待している英語の勉強もしっかりしてくれ朝7時から17時40分までまるまる一日みっちりと勉強をさせてくれます。

一日のタイムスケジュール
7:00 – 7:40 モーニングダンスor単語テスト
7:30 – 8:00 朝食
8:10 – 8:55 1時間目スピーキング(マンツーマン指導)
9:05 – 9:50 2時間目リスニング(マンツーマン指導)
10:00 – 10:45 3時間目ライティング(マンツーマン指導)
10:55 – 11:40 4時間目4技能(1:4レッスン)
11:50 – 13:00 昼食
13:00 – 13:45 5時間目文法(グループレッスン)
13:55 – 14:40 6時間目発音(グループレッスン)
14:50 – 15:55 7時間目4技能(グループレッスン)
16:00 – 16:40 日本の宿題時間
16:55 – 17:40 補習クラス
17:50 – 19:00 夕食
19:00 – 19:50 アクティビティー(歌、ダンス、ボードゲーム)
21:00 – 22:00 部屋で休憩
22:00 – 就寝

一日のスケジュールはびっしり入っており、最初にクラス分けテストがありますのでグループレッスンもしっかり効果的に身につきそうです。英語漬けの夏休みを過ごしたい人にぴったりのサマースクール。毎日しっかり英語を勉強でき、嬉しいことにタイムスケジュールには日本の宿題時間も設けられているので夏休みの宿題日記などを書く時間もあります。

上記タイムスケジュール以外に、リゾートホテルのプールへ行く日や市内観光、ショッピング三昧の日が勉強以外に設けられていますので毎日勉強で子供達が飽きてしまうことはなさそうです。また孤児院へ訪問する日もありますので夏休みの体験として将来役に立つとてもいい経験ができそうです。



まだ夏休みの予定がたっていない方はセブのサマースクールにぜひ参加してみませんか?
日程、料金は以下です。

========================
セブ夏休みサマースクール
========================
日程
2018年8月6日(月) – 21日(火)
15泊16日

対象年齢
小学3年生 – 高校生

定員
70名

参加費
小中学生 ¥238,000円
高校生  ¥248,000円

主催者
IDEA CEBU校

滞在先
BIG Hotel
(Park Mall Dr,Mandaue City,CEBU)
・朝食はホテルバイキングで提供
・昼食、夕食は学校食堂にて提供

※参加費は授業料、宿泊費、食事、おやつ、アクティビティ参加費を含む料金です。
※料金に含まれないもの(往復航空券代、WEGビザ代、海外旅行保険、お小遣い、空港税、燃油費)
※申込み締切6月30日

料金は航空チケットは含みませんので自分で手配する必要がありますが、学校指定の旅行代理店でチケットを購入すれば日本人スタッフによる引率サービスがあります。(成田空港または関西空港のみ)これなら安心して子供を一人で行かせることができますね。

==========================================
航空チケット代往復(学校指定の代理店利用の場合)
==========================================
成田発着
¥59.000円
¥45,000円(11才以下)
関西発着
¥60,000円
¥45,000円(11才以下)
※別途空港税、燃油代がかかります。

引率サービスを利用しない場合は自分で航空チケットを手配すれば飛行機代はもっと安く抑えられます。
航空チケットは自分で手配をし学校とは別で親子でセブへ行き、サマースクールの期間だけ現地で授業に参加させるという場合もありなので、選択肢があり自由度が高いのもこのサマースクールのいいところ。

飛行機手配は自分でして子供をサマースクールへ参加させている間は親御さんはセブのホテルステイを楽しむというのもありですね。またお仕事のある方は引率サービスを利用してご両親は日本で仕事をし、お盆休みには子供とセブで合流なんてこともできそうですね!
今日は英語を本気で習得したい人にセブのサマースクールを紹介しました。海外で過ごす夏休みはお子さんの一生の思い出になるでしょう。ぜひ挑戦してみて下さい。

皆さんの参考になればと書いてます。
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
マレーシア情報を沢山の方と共有する為に1クリックご協力頂けると幸いです。