中国、福建省からペナンへ渡ってきたクー(邱)一族の祖先を祀る廟として建てられた寺院です。
1906年に建設され1950年に改装されました。寺院と集会場から構成される建物内には中国から呼び寄せた職人による細やかな彫刻と金銀多彩な装飾は見応え十分です。ペナンにはそれぞれの一族の中国寺院があちらこちらにあるのですが、当時最も繁栄したクー(邱)一族の公司は豪華絢爛、先祖代々の金色の位牌が並び当時の繁栄ぶりを垣間見ることができます。また現代では再現不可能とされる石の彫刻は圧巻です。
ペナンに訪れたら是非見ていただきたい寺院のひとつです。

場所はジョージタウンのマスジット・カピタン・クリン通り(ハーモニー通り)とアルメニアストリートから少し奥に入った所にあります。ペナン一美しいと言われている中国寺院だけに見応え十分。屋根や外壁に彫られた彫刻の美しさに目を奪われます。昼間の鑑賞も素晴らしく美しいのですが、夜のライトアップは見もの!目を奪われる美しさです。日程があう方はぜひライトアップイベントに出かけてみて!普段は入場料が必要ですが毎月最終土曜日の夜のみ入場無料でライトアップされたクーコンシーを見ることができます。またライトアップの日には舞台で中国舞踊やヘビ使いのショーを見ることができます。(内容変動あり)

※公司(コンシ)=先祖を祀る廟

住所:18, Cannon Square, George Town,10200,Penang

Google Map

営業時間:9:00-17:00

※毎月最終土曜日のみ無料開放(ライトアップイベント開催18:00~入場無料)

電話:(+604)261-4609

入場料:5RM

バス:301, 302, 303, 401,CAT